どんな仕事なのか

IT系で独立を狙う方において、スキルはあるけれど何を売りにすべきか?資金は?と不安になることがあると思います。
しかし、うまくエージェントからの支援を受ければフリーランスも夢ではなくなります。現実味を帯びて前に進むことが期待できます。

IT関連の仕事は年々変化があり、新しい職種も増えていて、少し業界から離れたところにいると、どの職種がどのような仕事がをしているのかが分かりにくいものも多くあります。これは時代の流れと共に業務の内容が変化したり、不要な業務や必要とされる業務が出来てきたりとったことが原因のようです。

IT業界の職種で、ITコンサルタント」という仕事はご存知でしょうか。 企業がこれからどう事業を展開していこうか、といった事業戦略やオペレーション戦略をする上での問題点や課題などに対して、ITという情報技術をフルに使って、これらの問題、課題を解決していく方法を具体化したり、支援を行うことです。
現在では企業においてITはとても大きな武器であり、必要不可欠なものになっています。ITの機能がなければ他社との連絡も出来なかったり、時間がかかってしまって利益に大きく影響を与えることも少なくありません。

例えば、商品の写真が必要だと言われて、写真を撮って現像して、更に送付する、といった作業では時間がかかり過ぎます。
ですが、インターネットでしたら数分で先方に画像を送ることが出来ますし、また必要な箇所を拡大して確認することも出来ます。
ただ、中にはこのようにITという良い武器を持っていても活用されていない、活用方法を間違えている企業も多くあり、使っている当人たちには気づかないことがたくさんあります。

これは企業にとっても大きな損失です。 ITコンサルタントは、経営戦略に基づくIT戦略の立案から、CRM、SCMの構築や、上流から下流に至るシステム導入の各プロセスについて、業務設計、システム設計、開発、テストといった企画やマネジメント、またコンサルティングのプロジェクトによってその仕事内容は多岐にわたります。

エンジニアとしてクライアントへ提案したり、要望をきいてシステム構築をデザインするのはやりがいがありますね。それは個人スキルに偏っているため、個人への相談から始まるのだと思います。ITコンサルとして個人で仕事を受けたいなとお考えでしたら<<明日からフリーランス!エージェント効果的活用法>>で、情報をゲットしてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です