企業によって求めるものは違う

ITとは、情報技術という意味です。難しそうに感じますが、つまりはただのツールであるということです。
企業が業績を上げる為に必要なツール。その中に現在ではITが不可欠なものになっています。

ひとことでITとはいっても、企業によって必要とするものは違ってきます。
あらゆる企業がITを導入していますが、アパレルの企業で必要な社員管理に関するツールと、運送関係の企業における社員管理ツールでは全く違います。
アパレルでは、営業時間に合わせて勤務時間がだいたい決まっています。
付加されるのは時間外、休日、有給休暇などでしょうか。

ですが、運送関係になると事務職と運転手とで労働時間の管理方法が全く異なってきます。 また国土交通省などに定められた規定もありますので、同じように社員管理といっても大きく違ってくるのです。
ですから、ITコンサルタントは、クライアントの業務内容を詳しく知っておかなくてはいけませんし、理解もしておかなくてはいけません。

またクライアントの企業が、業界の中でどの位置にいるのか、これからどのような方向性を考えて行かなくてはいけないのかなど、時にはクライアント以上の知識が必要なこともあります。
その為に社会情勢、政治に関することなどにも興味を持って、情報を集めておく必要があります。

また、新業務に合わせて新しいシステムなどを設計する時などは、クライアントが望むもの、ゴールがどのようなものか、お互いに確認が必要です。
思い込みで進むと大変なことになってしまいます。
そして発生する問題に対して即対応出来ることや、理論的に解決する能力も必要ですし、何よりスタッフとの協力が必要な仕事ですから、スタッフの管理が出来ることも大切な要素だと思います。

ITコンサルとして、フリーランスで仕事を請ける人は増えています。
顧客のターゲットは同じ個人事業主さんだったりするから、お互い有益な情報を得て事業を拡大することも期待できます。
しかしフリーランスへの入口に迷ったら、ゼロから相談できるエージェント探しをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です