必要なスキルとは

IT関連の仕事の場合、必要なスキルがあります。ITコンサルタントの場合、求められるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。
良くいわれるのが、「ERP導入経験」「特定の業務知識、業界経験」「業務改善経験」「CRM、SCMなどソリューションの経験」「特定のプロダクト、オラクルなどに強い」ことなどがあげられています。

つまり、どのような人か分かりやすく言えば、現状の問題を正確に把握出来ること。その問題に対して、理論的に解決策を組み立てることが出来ること。その解決策をクライアントに分かりやすく説明、説得することが出来て、尚且つリードして業務に当たることが出来る人です。

その為には、クライアントの業務を理解している必要があります。
同じような業種であっても、企業ごとに違いますので、しっかりと把握することが大切です。そして新業務プロセスを提案出来なくてはいけません。
その為には、製品の機能を熟知する必要がありますし、理解力も必要です。
また、製品と新業務プロセスとの適合性を評価する能力も持ち合わせていなくてはいけません。
提案した新業務システムを設計して、開発できる能力も必要だと思います。

クライアントの業界について、どれだけ知っているか、理解しているかがかなりポイントになります。
クライアントが利益を上げる為のサポートがITコンサルタントの仕事ですから、現状と変わらないようでは意味がありません。
いかに利益に繋げるか、といったこれからの方向性についても情報に敏感でいなくてはいけません。

以上のスキルに加えて、スケジュール管理やコスト管理、スタッフ管理などのマネジメントスキルも必要ではないかと思います。

これまで培ってきたスキルをITコンサルとして活用したい方がいらっしゃると思います。IT専門のエージェントで情報を得ながら相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です